レーシックで失敗しないための病院選びのポイント

実績と経験

レーシックを行うとき、施術を行う医師の実績や経験はどうなのか?と知っておくことは重要です。
日本眼科学会認定専門医、つまり、「眼科専門医」が執刀するかどうかということがとても大切なのです。

 

私たち素人からすると考えられないことですが、レーシックの専門知識や技術を持っていない医師がレーシックを行っているというクリニックもあるといいます。
とても怖いことですが、こうしたケースはかなりあるんですね。
銀座眼科のもと院長は、眼科専門医ではないのにレーシック手術を行っていました。
かなりずさんな手術で、レーシックが大きく取り上げられました。

 

でもこうした専門知識を持たない医師がレーシックを行うということはあってはならないことで、現在ではこうしたクリニック等についての取り締まりなども強化されています。
技術的なことも気になりますが、感染症などを起こした場合の適切なアドバイスも、専門知識を持っていないことにはできません。

 

レーシックを受けるという際には、必ず、眼科専門医であるかどうか、またレーシックの経験や実績がしっかりあるクリニックなのかどうか、必ず調べてみてほしい項目です。
ホームページなどを確認して、眼科専門医が執刀してくれるのかどうか、調べておくといいでしょう。

 

設備

レーシックは眼科医がレーシックの専門知識と技術を持って行うものです。
もちろん医師の経験や実績、技術も高いものが必要となりますが、利用する機器、設備が良いものでなければ、安全性が低くなります。
利用する機会が劣化していれば、その分技術で補う必要が出てきます。
設備がどのように整っているか、ということは、レーシック医院選びに大切なことなんです。

 

今レーザー機器は開発がどんどん進められており、新しい機械が登場しています。
性能がかなり高くなっていますので、眼科医もこうした新しい機械を設置する必要があります。
新しい機械では、これまでのものよりもずっと手術しやすくなっています。
合併症を起こす可能性が低くなる、手術される方の目への負担が少なくなるなどそのメリットも大きなものとなります。

 

これまでイントラレーシックで利用されてきたレーザーといえば、イントラレースが主流でしたが、現在の最新機器はiFSフェムトセカンドレーザーというものです。
このようにより高度な能力をもった信頼性のある機械が導入されているかどうかという点も、レーシック医院選びの大きなポイントとなります。
手術に大きな影響を与えるレーシック機器。
どのようなものが採用されているか、しっかり確認しましょう。

 

清潔さと印象

病院へ行って待合室やトイレなどが清潔じゃないと、なんだか嫌な気分になります。
古い病院でもしっかり清掃が行き届いていて、ほこりなどがないところだと安心できますが、なんだか清掃されていないような感じだな・・と思うと不安になりますね。
眼科医などは特にそうです。
清潔であることは病院やクリニックにとって、第一条件だと思います。

 

診察室だけがきれいになっているということでは納得できませんよね。
細部にまでしっかり行き届いていなければ診察してもらう方としては不安です。
レーシックでは特に、ほこりなどがある環境では許されない繊細な手術を行うのですからなおさらです。
清潔であること、様々な部分で安心できる消毒がされていることは確認したいことです。

 

以前、レーシックの手術での感染症が話題になったクリニックでは、消毒などが行き届かず、医療機器なども消毒されないままに利用されていたと報道されていました。
感染症はまれに失明に至ることもある危険なものもあります。
私たちレーシックを受ける側としては、クリニック内が雑然としていないか、清掃や消毒などがきちんと行われているのかどうか、クリニックへ行ったときそれとなく気を配ってみておく必要があると思います。
口コミなどもチェックして、清潔さやクリニックの印象など確認しておきたいものですね。

 

執刀医

経験や実績のページでも説明しましたが、レーシックを行う執刀医は、眼科専門医であることが必須です。
手術自体はレーザー機器によるものでコンピューター制御されているものですが、だからといって専門知識を持たない医師が行うことは不安です。
感染症や副作用などの知識を持って、アフターもしっかり行える医師でなければ受ける側としても不安要素が強くなります。

 

また、レーシックを行う眼科医が手術経験が豊富であるということも確認したいことです。
経験が豊富ということは、成功も失敗もまた危ない・・と思った経験もたくさんあるでしょう。
特に技術的な面から副作用を強く出してしまった経験があるなど、失敗例を経験したことがある医師は、こういう場合はこうしたほうがいい、この場合にはこういう対応を・・と様々な対応ができるようになっているはずです。

 

レーシックは機械を扱いながらの手術になりますから、機械の扱いに関しても経験がものをいうと思います。
経験数が豊富な眼科医であれば、副作用に対する対応ももし万が一感染症が起きてしまった場合の対応も迅速に行ってくれると思います。

 

経験豊富な眼科医の場合、カウンセリングの際にこちらが質問をしてもしっかり応えてくれます。
確認してほしいことは、事前検査からレーシック施術後の定期検診までその眼科医が見てくれるのかどうかという点です。

 

スタッフの質

レーシックを受けようと、予約の電話をしたら忙しいからなのか、せかせかとこちらの話もよく聞かず必要なことだけきいて電話を切られたと憤慨している友人がいました。
結局その友人はそのクリニックでのレーシックをやめて、別のクリニックで受けたのですが、やはり電話での予約の時、顔が見えない状態だからこそ、こちらの話を聞きしっかり対応してくれるところじゃないと不安だったといいます。

 

忙しいから必要なことだけを聞きたい・・という気持ちはよくわかりますが、レーシックを受ける身となれば、不安要素を持ちながら電話をする方もいると思います。
質問してみたいことなどがあればなおさらです。
ホームページには電話での予約時に質問等があればお尋ねくださいと書かれているのに、友人のように不安な対応をされたらいくら技術が高いクリニックでも、ほかで受けようと思うのは当然でしょう。

 

レーシック医院を選択する際に、スタッフの質を確認するということは必要です。
カウンセリングやインフォームドコンセントなどに関して医師が行うというところは多くなっていますが、そのほかの対応部分に関してはスタッフが行うでしょう。
レーシックを受ける人は病院で一番関わるのが看護師さんたちなどのスタッフさんですから、やさしくしっかりとした対応をしてもらいたいものです。
スタッフの質も、レーシック医院選びに欠かせない要素です。

 

感染症対策

どんな手術であってもリスクはつきものです。
レーシック以外の手術でもどんなに簡単な手術であっても感染症によって予後が悪くなるということはあります。
どの病院でもクリニックでも、どの科でも細心の注意を払って感染症対策を立てておく必要があります。

 

クリニックや病院にとって、感染症対策をしておくということは当然のことです。
レーシックを行うクリニック等でも、手術前、手術時、手術後において、長い期間観察をしながら感染症がないかどうかを確認します。
目という部分は特に繊細な部分です。
感染症が元になり、視力が落ちてしまったり、本当にまれなことですが悪化した場合失明という最悪の状態もあります。

 

レーシック医院を選ぶ際には、皆さんそのクリニックのホームページなどをご覧になると思います。
ほとんどの紹介ページには、感染症予防措置に関して書かれていると思います。
感染症予防はクリニック側の責任となりますし、予防、起こった場合の対応等、しっかり記載されているクリニックを選択すべきです。

 

ただレーシックがうまくいけばいい、成功例を作ればいいというものではなく、検査、執刀、そしてアフターケアまでを含めた感染症対策を行っているクリニックを選択しましょう。

 

術後のアフターケア

よく大きな病院は、手術を行うという症例数が目当てで、執刀した医師は手術が成功すればその後のアフターケアを研修医に任せたり、ほかの医師が行ったりと、患者側からすると不本意なケアをされるなどと聞くことがありました。
レーシックでも執刀医とその後の定期検診の先生が違う・・・という不安を持っている方も少なくないようです。
しかし、評判のいいレーシッククリニック等になると、カウンセリングから執刀、アフターケアまで同じ眼科医が行うというシステムを持っているといいます。

 

特に術後のアフターケアというのはとても重要なポイントになります。
通常、手術後1時間や2時間くらいから始まり、翌日、3日後、1週間後、1ヶ月後、3ヵ月後、半年後、1年、そして2年目からは1年に1回ずつという定期検診を行います。
この定期検診は、各クリニックによっても期日や期間がバラバラですが、大体このくらいの期間で定期検診を行うはずです。

 

また、視力回復があまりうまくできなかったという場合に再手術を行うということもありますので、術後のアフターケアをどのくらいしっかりと真剣に行ってくれるかという点は、クリニック医院選びに欠かせないポイントなのです。
レーシックの前に各クリニックのホームページをしっかり読み、アフターケアについても知識を持っておくことが必要ですね。

 

サービス

レーシックを行うクリニックでは、そのクリニックごとにサービスの違いがあります。
サービス内容はそのクリニックによって違いがありますが、必ず見ておいてほしいのが、再手術補償についてです。

 

レーシックを行っても、フラップの不具合等によって予測したよりもずっと低い視力のままということがまれにあります。
その場合、再手術を選択する必要がありますが、クリニックによってはこの再手術に関して、費用をとるというところもあります。

 

レーシックを行うかどうかの選択の際に、カウンセリングを受けますが、そこで様々な質問ができます。
レーシックの施術の流れや、どのように手術を行うかということを説明する意味もありますが、受ける方の不安要素を取り除くということもカウンセリングに必要なことです。
カウンセリングの際に、見えがよくなかった場合に、再手術補償があるかどうかを確認しておきましょう。

 

もし、失敗なんてないですよとか、そういった補償はないといわれたら、ほかのクリニックを選択したほうがいいかもしれません。
良心的なクリニックの場合、再手術補償に加えて、生涯補償システムなども導入されています。
補償年数等に関しても、カウンセリングの際に質問してみましょう。
手術を受けるものとして、とても重要なことです。

 

インフォームドコンセント

外科の手術を受けるときにも、何かの治療を受けるときにも、患者さんにその手術をしっかり理解してもらうことと、手術におけるリスクを伝えることは、医師にとって重要なことです。
患者さんが医師を信頼して手術に納得し、理解して受けるためにも、内容の説明、リスkの説明は欠かせないことなのです。
こうした手術に関する内容やリスクを説明することを、インフォームドコンセントといいます。
訳せば、説明を受けたうえでの同意ということになります。

 

レーシックにおいてもインフォームドコンセントは重要です。
目という人間の体の器官の中でも私生活に重要な影響を与える部分を施術するレーシックですから、どういう方法でどんなふうに、どのくらい時間をかけて手術を行うのか、リスクや副作用はどのようなことがあるのかなど、レーシックを受ける方にしっかり説明する義務があります。
効果やリスク、副作用の危険性、可能性のある症状等に関して納得した上で十秀つに臨んでももらうために、インフォームドコンセントをしっかり行う眼科医を選ぶ必要があります。

 

カウンセリングやインフォームドコンセントがしっかりしていたという話などは、レーシックに関する口コミや掲示板などによく書かれています。
もしレーシックを受けようと思うクリニックで、実際に受けた方がいたら、その方にお話を着てみるのもいいですね。

 

増大するならヘラクレス